非常勤の不安定な状態を医師求人情報を活用して打破しました

「鼠径ヘルニア」になり

43歳の内科医です。
昨年までは埼玉県の公立病院で非常勤の医師として勤務していました。
30代前半から中盤にかけては心身ともに充実しており、大学病院で後進の指導も行うという立場で、激務にも関わらず毎日働き詰めでしたが、38歳のある日を境に環境が一変しました。
体調が朝から優れずに、立ち歩くと下腹部に猛烈な痛みを覚えたのです。
結局その日は痛みに耐えながら何とか勤務を終えましたが、翌日以降も起き上がって数時間経過すると耐え難い痛みに悩まされ、さすがにこれはおかしいということで勤務先の同僚に検査を依頼しました。
最初に疑ったのは尿路結石でしたがエコーやCTスキャンの結果を精査しても異常はありませんでした。
そこで次に疑ったのは「鼠径ヘルニア」です。
一般的には痛みの出る症状例は少ないものの、まれにはみ出した腸が閉塞を起こしてしまい激痛が発生することがあり、自分の症状との一致が考えられました。
最初は見た目でわからなかったのですが、次第に腹部の盛り上がりを認め、これは間違いなく「鼠径ヘルニア」であることが自分で確認できたのです。
そこで腹腔鏡手術を受けることとしましたが、医師である自分が手術が必要な病気を患ってしまうとはと、非常にショックを受けてしまい、そのまま精神的に何かの糸が切れてしまうように落ち込んでしまったのです。

「鼠径ヘルニア」になり / 医師としての仕事を再開したいと考えるように / 本格的に医師の求人情報にアクセスするように